【著者紹介】
長尾 省吾(ながお せいご)

【著者紹介】
長尾 省吾(ながお・せいご)
昭和42年3月 岡山大学医学部卒業
昭和43年4月 岡山大学医学部附属病院脳神経外科教室入局
昭和49年7月 岡山大学医学部助手
昭和50年11月 岡山大学医学部附属病院助手
昭和51年12月 米国留学(イリノイ州クックカウンティ病院脳神経外科研究員 米国・シカゴ)
昭和57年4月 岡山大学医学部附属病院講師
昭和61年10月 香川医科大学医学部助教授
平成3年7月 香川医科大学医学部教授
平成15年10月 香川大学医学部附属病院長
平成20年4月 香川大学名誉教授
平成20年7月 JA香川厚生連代表理事理事長
平成20年9月 香川県医療政策アドバイザー(委嘱)
平成23年10月 香川大学学長
平成29年9月 香川大学学長退任
平成29年10月 JA香川厚生連顧問
平成30年11月 瑞宝中綬章
令和3年12月 農協人文化賞
医学博士(昭和51年)
日本脳神経外科学会専門医(No.602)(昭和50年)
日本脳卒中学会専門医(20030069号)
日本脳神経外科学会監事・評議員
日本脳神経外科学会中国四国支部支部長
日本脳卒中学会評議員
日本脳循環代謝学会名誉会員
日本脳卒中の外科学会名誉会員
日本脳腫瘍の外科学会名誉会員

【著書】

〔単著〕
『続・近想遠望 出会いが人を創る そして、「時間」と「死」』美巧社、2022
『近想遠望-医療を志す若者へのメッセージとアフターコロナへの提言-』美巧社、2021
『山の上の寺を目指した脳外科医』美巧社、2020